ワキの下、カミソリでみえない傷口に注意! - カミソリ 脱毛 処理方法

ワキの下、カミソリでみえない傷口に注意!

脱毛といえばカミソリ、ワキの下、お腹、ビキニラインなど・・

カミソリを使っている方も多いハズ。

剃刀を選ぶときの最大の注意点は、
使い捨てでも、よく切れる剃刀を選びましょう。

そり方の基本は毛の流れと同じ方向へ削ること。

特に、わきの下の毛はよくみてみると、一方方向ではなく、胴体の方へ向かっていたり、腕の方へ向かっていたり・・

毛がいろいろな方向に向いているので、よく見極めて剃刀を動かす必要があります。

カミソリで自己処理する場合には、大きなポイントがあります。

それは、肌のすべりをよくすること。

低刺激クリームや石けんを使ってカミソリの滑りをよくすることによってお肌の角質を取り除くのを避けなければなりません。

また、カミソリによる小さな傷口からヘルペスなどの感染症のリスクもあります。

目にえない小さな傷から、感染が・・

特に、プールや大衆浴場などでは細菌だらけ。

アフターケアにはお風呂でよく洗い流して、カミソリ脱毛のアフターケアーで
低刺激性ローションや乳液を塗ってお肌を沈静化させましょう。

もっとも経済的にも、手軽さでも、負担が少ないのがカミソリによる除毛です。

今や、冬でもノースリーブのニットを着る時代です。汗のニオイを防止するためにも、日々カミソリで処理する方も多いようです。

カミソリ 脱毛 処理方法の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

ケノン
新発売<ケノン脱毛器>ご購入はコチラ! ←クリック!
(公式サイトURL:http://xn--rckyc9e.com/)

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved ケノン家庭用脱毛器購入。イーモリジュの進化版。下取りも!