診断書で高血圧が出た!基準値はいくつ?

健康診断書!高血圧の基準値は?

毎年、健康診断の時期になると、不安になります。

 

  なぜなら、診断書には血圧が明記されているからです。

 

 「自分の診断書の血圧は基準値と比べてどう?」

 

 そんな疑問をもつものです。

 

 ちなみに、高血圧の診断基準は、
 日本では、JSH(日本高血圧学界)という学会が決めています。
 このJSH(日本高血圧学界)の基準ですと、

 ●拡張期血圧が90mmHG以上である
 ●収縮期血圧が14mmHG以上である

この2つに当てはまると、“高血圧”と診断されるようです。

 

高血圧の原因の多くは生活習慣と食生活に深くかかわってきます。
また、ストレスが多い生活もよくありません。

「最近、肩こりがきつい」
「頭がぼ~っとする」

そんな方に、誰でも簡単に高血圧を改善できる方法があります。
今までの高血圧対処法とはまったく違う>>効果的な方法です。

 

>>もっと詳しく確認する

 

 

 

【下のサイトもどうぞ】
高血圧改善!李昇昊(りすんほ)の効果とは?

高血圧 改善方法はコレだ!
降圧剤、ハイトラシンの副作用とは?



高血圧と水分の注意

高血圧でさらに、肝臓病の症状がある方も多いと思います。
時には、水分の制限が必要なこともあります。

 

飲む水分量をきちんと計測して、
レシピや食事に含まれる水分量も考慮しなければなりません。

 

ただし、大幅に水分を控えると、腎臓の血流量が不足してしまうことにもなりかねません。
医療機関に指示された水分量を守りましょう。

 

また、高血圧の人のコーヒーにも注意が必要です。
緑茶やコーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮する作用や、血圧を上昇する作用もあります。

 

高血圧の人は、お茶やコーヒーなどに含まれるカフェインの取りすぎにも気をつけましょう。

 

>>年間1000人を超える患者さんにこの方法を試し、
ほとんどの人の高血圧が改善された方法はこちら
 

 

 

 

【その他のサイトもどうぞ】
ストレスが多いと高血圧になる?

高血圧を下げる食品はコレだ!
NHK ためしてガッテン高血圧は・・スゴかった!



高血圧とアルコール

お酒好きの人で高血圧の人は飲み方に注意です。

 

なぜ、アルコールと高血圧が関係しているのでしょうか?

 

アルコールは、血管を拡張する作用やリラックスさせる作用もあります。
アルコールを飲んでいるときは、高血圧の方でも血圧は一時的に下がります。

 

しかし、重要なことは“適量のアルコール”です。
エタノール換算で、男性の場合、1日20~30g女性の場合には、10~20gに抑えましょう。

 

これは日本酒で1合程度の量となります。

 

ただし、重い高血圧の人や心血血管病の方、動悸が激しい自覚症状がある方は
専門家に相談する必要があります。

 

31年間にわたり医療、東洋医学に携わり、
のべ22万人ほどの患者さんに処置を施してきた先生がいます。

 

>>詳細はこちら 

 

 

 

【下のサイトも参考に】
高血圧の食事と献立、効果があるのはコレ!

高血圧!漢方の効果はいかに!
高血圧の症状とは?