苦痛や苦労と白髪の関係 - 白髪 原因

苦痛や苦労と白髪の関係

出産後の白髪や、20代の白髪にかかわる悩みはつきません。
特に朝、ヘアーセットをしているときに、白髪を発見すると、
自分も年をとったなあ。と意識がいってしまいがち。

そもそも遺伝的に白髪が生えやすい体質の人もいるのも事実。
しかし、仕事で苦労していたり、悩みが深かったりすると
最近、苦労しているからなぁ。
と妙に納得してしまうこともあります。

しかし、これは医学的な根拠があるのでしょうか。
特に20代?30代の若いときの白髪には
“若年性白髪”という名前が医学的つけられています。

遺伝的に白髪になる人もいますが、
実は原因は他のところにもある可能性があります。

急に白髪が増えてしまった場合には、
内分泌疾患や膠原病などの病気かもしれなく、
甲状腺の異常によっても白髪がでてくることもあるようです。

まずは、自分の健康状態を見直してみることが白髪をなくす第一歩です。

なぜ、白髪が急激に増えてしまったのか。
その原因はメラノサイトというメラニン色素を作り出す成分が
少なくなってきたことにより白髪が発生することは医学的にわかっています。

一度、メラノサイトが減少してしまうと、もとに戻すのは難しいともいわれています。
白髪がチラホラ・・そんなときは遺伝子的な原因だけでなく、
自分のカラダを見なおして見るよい機会なのです!

ほとんどのケースは問題ないとされていますが、
病気のサインと考えて、自分のカラダとココロを見つめなおしてみましょう!

白髪の原因!意外なところに!?

白髪の原因 は、色素細胞の機能が低下するとにあります。
白髪の原因の多くは、遺伝的な要因によって左右されてきますが、
ピンポイントでの予防法や治療法は確立されていない現状です。

そもそも、髪の毛のメラニン色素という成分が、毛母細胞に取り込まれ、
毛母細胞が分裂して、毛髪に変化する過程で髪の毛に色がつくメカニズムです。

メラニン色素はメラノサイトという色素細胞によって作られます、

メラノサイトがメラニン色素を作るときにチロシナーゼという酸素の働きが必要なのですが、加齢やカラダの不具合、ストレスなどで新陳代謝の動きが鈍ってくると、チノシナーゼの量も減っていき、メラノサイトがメラニン色素を作れなくなり、結果、白髪の原因となるのです、

<チロシナーゼ酸素の不活性化⇒メラノサイトの減少⇒メラニン色素を作れない⇒白髪の原因>

白髪の原因は、ただ単に、年を取ったからという理由だけでなく、
栄養の偏った食生活や昼夜逆転の不規則な生活や、過度なストレスなど血行不良やホルモン分泌異常も多いに関係しているのです。

一方、その他、白髪の原因としては、放射線療法によって白髪が増えたり、甲状線機能亢進症や胃腸障害から、貧血まであり、治療の後に、一時的な白髪が黒髪にもどることもあります。

>>白髪の原因、もっと詳しく確認する!

白髪の対策!本当の原因とは?

白髪 対策 でお悩みですか?

白髪 は一時的に 白髪染め で染めてみても、内側から出てくるのはやはり白髪です。
部分染め や ヘアカラー で繰り返し染めても、最後には、頭皮がかぶれて染められない・・
といったこともにもなりかねません。

また、染めることができても、毛が細くなって地肌が見えてしまい、
やがて、パサついた艶のない髪の毛になることもあります。

通常、白髪の原因は、加齢とともに、新陳代謝が衰えて、
メラノサイトがメラニン色素を作れなくなり白髪になるといわれています。

しかし、髪の毛は生きています。

白髪 対策として表面だけ、白髪染めで染めても、ヘアカラーで塗っても、対処療法でありますが、根本的な対処では白髪は治りません。
考え方をもっと広くすると白髪の対策がみえてきます。

▼白髪とココロの関係

白髪を根本から改善する方法は食事などの栄養状態や、
ココロとカラダの健康も見直していかなければなりません、

マリーアントワネットが、死刑宣告の後に一瞬で白髪になった話もあります。

このような例からも、白髪は神経的なココロの状態を表しているともいえます。
プレッシャーや長年にわたるストレスなどで、10代、20代でも白髪になります。

髪が黒々としているのは、ココロの安定や安らぎが増えたということです。
白髪を改善するには、心身の安定が大切なことです。
リラックスして、ありのままの自分を出せる仲間が回りにいてくれるとストレスも減ります。


▼白髪と消化器系の関係

東洋医学の視点から白髪をみていきましょう。
東洋医学でいう五臓(肝・心・脾・肺・腎)の一つである
腎(じん)とも、白髪も密接な関係があります。
腎(じん)を元気にするには、腎に栄養を与える脾臓=消化器系を元気にすることです。

腎機能が弱まると、腰痛・精力の減少・産婦人科の症状などが出始め、やがて白髪になりやすくなります。

また、毎日食べている食べ物が、コンビニ弁当や添加物の多い食事や、不規則な食生活を続けていると
体内で血液に変化しにくくなり、髪に栄養が充分に行き届かず、白髪になりやすくなります。

食生活を改善し、胃腸を元気にすることで、毎日食べている食事が体内で血液化しやすくなり、髪に栄養がいくというメカニズムです。

▼白髪と肺の関係

肺の機能が減退してくると、呼吸器系の機能の減少から、皮膚や髪の毛を弱らせます。
ゆっくりと深い呼吸をしていますか?
肺が弱ってくると、肌荒れなどの症状ともに、白髪を発生させる原因ともなります。
タバコなども無理のない程度に控えるのも効果的です。

>>白髪をなくす食品を確認する ←クリック!

白髪 原因の記事

医者が選ぶ白髪対策サプリメントはいかが?

美しい黒髪を守ろう!白髪対策始めよう!


>>医者が選んだ【ブラックサプリ】詳細はコチラ ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.ordersupli.com/)

Copyright (C) 2012 All Rights Reserved 白髪の改善対策はコレだ!